子供のために良い物を|ランドセルは人気メーカーのものがおすすめ

雛人形のルーツ

雛人形

ひな祭りが始まったのは江戸時代頃だと言われていますが、雛人形のルーツはさらに古い時代から存在します。元来、日本での人形とはお守りのようなものでした。自分に降りかかる厄災を人形が受け止め、ある一定の時期になれば水に流して厄を清める。それが人形の役割でした。しかし、平安時代になると人形でおままごとをして遊ぶ風習(雛遊び)が生まれ始め、人形の役割は徐々にお守りから愛玩用へと変わっていきます。そして江戸時代になり、天下泰平の世となります。この時に、雛人形は簡素なものから職人の手によって芸術品さながらの装飾を施されるようになりました。これが、ひな祭りに用いられる雛人形の誕生の経緯です。雛人形は、今ではより精巧で美しい物が作られています。職人の手によって作られたお内裏様やお雛様、そして五人囃子が持つ楽器など、本物をそのまま縮小したようなクオリティは、今も更なる向上をしています。そのため、プレゼントで購入しようとなると品物によっては結構なお値段になることもあるのですが、通販サイトを活用したり少し小さめのセットを購入すれば、非常にお求めやすい価格で家に雛人形を飾ることが可能です。大事に扱えば長年使い続けることができるので、娘さんの嫁入り道具にと考えているのであれば良い物を選びましょう。なお、お内裏様とは天皇陛下のことです。もっと正確にいえば内裏に住んでいる人のことであり、お雛様もお内裏さまとして当てはまります。しかし、有名なひな祭りの歌でお内裏様とお雛様とわかれていることから、男の人形の方をお内裏様と呼ぶようになっています。逆に、お内裏様の方も雛人形(男雛)なのでお雛様と呼んでも差し支えありません。